法人の印鑑を通販で作成しよう

通販を利用して代表者印を購入しよう

代表者印を購入する際には実店舗か通販かで迷うことがあるかと思いますが、今では様々なショップなどが存在している通販を利用した方が、代表者印に合う印鑑を見つけることができると言われています。しかし、通販で購入する際にはショップが多いので、選び方には慎重にならなければなりません。選ぶときにはいくつか重要なポイントがあるので、ここでは選び方の基本について紹介します。

まず、選ぶときには求めている印材があるのかについて見ておきましょう。印材はそれぞれのショップによって取り扱っているところもあれば取り扱っていないところもあります。取り扱っていないところに依頼しても作成することができないので、求めている印材の有無は確認しておくといいでしょう。印材についてまだ迷っているという場合には印材の種類が多い通販サイトを利用するといいでしょう。

また品質の良し悪しについても印鑑の通販サイトを選ぶときにはチェックしておきましょう。代表者印などは特に長年使用するものになるので、あまりにも品質が悪いものを購入してしまうとすぐに欠けてしまうことがあります。その為、品質にこだわっているかどうかについても見ておくと一生ものとして使える代表者印を購入することができます。

代表者印の保管方法

代表者印に限ったことではありませんが、長く使用するためにも印鑑の保管方法は予め知っておくことが大切です。実際にこれから代表者印を使用するにあたって保管方法について知りたいという方に向けて、ここでは保管する上で大切なポイントについて述べます。

まず1つ目に大切なことは使用後に朱肉のふき取りは忘れずに行うことです。印鑑の素材によっても異なりますが、例えば天然素材などだと朱肉の油によって印面が欠けてしまう恐れがあります。欠けてしまうと代表者印として使うことはできなくなってしまうので、印鑑を劣化させないためにも使用後は朱肉を拭き取るようにしましょう。

続いて2つ目に大切なことは印鑑ケースを使用することです。印鑑の弱点としては温度や湿度の変化です。例えばエアコンなどを頻繁に使用する部屋に保管する場合にケースに入っていないと、夏の時期なら急激に温度が変化する恐れがあるので、劣化の原因になります。

また、エアコンを使用することによって乾燥状態になる可能性も高くなるので、それによって印鑑のひび割れが発生する可能性もあります。こういった劣化を防ぐためにも使用する際には印鑑ケースをしっかりと使用すると、劣化することもなく長く使うことができます。

代表者印に人気の印材とは

代表者印を通販で作成する時には印材の種類が多く、どれを選択すればいいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。代表者印は登録をして使うものになるので、なるべく品質の良い印材を選びたいと思う方が多いでしょうが、どれを選択したらいいのか分からない人のためにもここでは印材選びのポイントについて話します。

まず、1つ目に代表者印として人気なのがチタンです。従来は加工が難しく、朱肉がのりにくいという理由からあまり使用されていませんでしたが、現在では技術の進化により加工も細かく行うことが可能になっています。チタンなので簡単には劣化することがなく、耐久性に優れています。長く使用したい場合にも安心の印材なので、代表者印などに選ばれることが多いと言われています。

続いて2つ目に選ばれることが多い印材は黒水牛です。これは水牛の角を加工して作られている印材ですが、昔から使用されている印材なので、多くの人たちから人気を集めています。魅力的な部分としては高級感があるということです。法人印としての風格も出してくれる印材なので、シンプルではありますが力強く高級感のある印象を与えられるので魅力的です。

このように、印材の中でもここで説明した2つは特に多くの人が愛用しています。

法人用の印鑑の代表者印を通販で作成する際のポイント

法人印には様々な種類がありますが、その中でも通販で作成する際に気を付けなければならないと言われているのが代表者印です。法人用の印鑑の中でも最も重要になるので、ここではどんなことに気を付けて作成をするべきかについて紹介します。

まず、印影のサイズを考えて作成をしましょう。法人設立の際に法務局に届けることになる代表者印は印影のサイズが重要で10ミリから30ミリの正方形に収まるものがルールとして決められています。その為、ルールを守って作成をしないと代表者印として登録することができず、作り直しということになるので、そうならないためにもサイズは事前に調べておくようにしましょう。一般的にサイズとして多いのが18ミリから21ミリほどの大きさだと言われています。

続いて大切なのが銀行印との区別をしっかりと付けることです。法人印の中には銀行印も存在していますが、混同してしまう恐れもあるので、なるべく銀行印と代表者印は区別を付けることが大切だと言われています。区別の付け方としては様々ですが、一般的な方法としてはサイズを変更するという方法があります。基本的には代表者印の方が大きく作る人が多いと言われています。

このように、代表者印を通販で作成する時に知っておきたいポイントについて述べましたが、ここで説明した2つのこと以外にもまだまだ知っておきたいことがあるので、このサイトではこれから代表者印を作成するという人のためにも作成の際に重要なことについて紹介します。