法人の印鑑を通販で作成しよう

法人用の印鑑の代表者印を通販で作成する際のポイント

法人印には様々な種類がありますが、その中でも通販で作成する際に気を付けなければならないと言われているのが代表者印です。法人用の印鑑の中でも最も重要になるので、ここではどんなことに気を付けて作成をするべきかについて紹介します。

まず、印影のサイズを考えて作成をしましょう。法人設立の際に法務局に届けることになる代表者印は印影のサイズが重要で10ミリから30ミリの正方形に収まるものがルールとして決められています。その為、ルールを守って作成をしないと代表者印として登録することができず、作り直しということになるので、そうならないためにもサイズは事前に調べておくようにしましょう。一般的にサイズとして多いのが18ミリから21ミリほどの大きさだと言われています。

続いて大切なのが銀行印との区別をしっかりと付けることです。法人印の中には銀行印も存在していますが、混同してしまう恐れもあるので、なるべく銀行印と代表者印は区別を付けることが大切だと言われています。区別の付け方としては様々ですが、一般的な方法としてはサイズを変更するという方法があります。基本的には代表者印の方が大きく作る人が多いと言われています。

このように、代表者印を通販で作成する時に知っておきたいポイントについて述べましたが、ここで説明した2つのこと以外にもまだまだ知っておきたいことがあるので、このサイトではこれから代表者印を作成するという人のためにも作成の際に重要なことについて紹介します。


代表者印に人気の印材とは
Previous post
法人用の印鑑の代表者印を通販で作成する際のポイント
Next post