法人の印鑑を通販で作成しよう

代表者印の保管方法

代表者印に限ったことではありませんが、長く使用するためにも印鑑の保管方法は予め知っておくことが大切です。実際にこれから代表者印を使用するにあたって保管方法について知りたいという方に向けて、ここでは保管する上で大切なポイントについて述べます。

まず1つ目に大切なことは使用後に朱肉のふき取りは忘れずに行うことです。印鑑の素材によっても異なりますが、例えば天然素材などだと朱肉の油によって印面が欠けてしまう恐れがあります。欠けてしまうと代表者印として使うことはできなくなってしまうので、印鑑を劣化させないためにも使用後は朱肉を拭き取るようにしましょう。

続いて2つ目に大切なことは印鑑ケースを使用することです。印鑑の弱点としては温度や湿度の変化です。例えばエアコンなどを頻繁に使用する部屋に保管する場合にケースに入っていないと、夏の時期なら急激に温度が変化する恐れがあるので、劣化の原因になります。

また、エアコンを使用することによって乾燥状態になる可能性も高くなるので、それによって印鑑のひび割れが発生する可能性もあります。こういった劣化を防ぐためにも使用する際には印鑑ケースをしっかりと使用すると、劣化することもなく長く使うことができます。


通販を利用して代表者印を購入しよう
Previous post
代表者印に人気の印材とは
Next post